2009年3月30日月曜日

shri ganesha

パハルガンジーの通りはニューデリー駅からまっすぐ延びる。
各国から集まったバックパッカーや怪しい仕事をしている人が
宿泊する安宿が路地に立ち並び、深夜まで活気がある。

貴重品を肌身離さず見に着けるためのマネーベルトや
皮で出来たサンダルに、色鮮やかなワンピース、
あったかそうな厚い靴下に、あると便利なウール100%の大判毛布。

冷涼なヒマラヤへ、または常夏のゴアやケララへ
ここから旅を始めるために必要な装備が
英語が達者な、ときに強引な客引きによって売られている。

私の宿は 蛍光灯ではなく間接照明であるのが嬉しい。
部屋も清潔で新しく、バスルームには可愛いタイルまで貼ってある。

セージとゼラニウムのエッセンシャルオイルを焚くと、
すぐに部屋は親しみのある甘い清潔な香で満たされた。 

旅の最終地点のここでは
荷物が増えても構わないのだから。
と言い訳を自分にして、私は買い物をすることにする。

アーユルヴェーダのハーブに 
逆転のポーズをしてもずり下がってこない
ヨガに使えそうなアラジン・パンツたち。
輸出用のハイ・グレードなエッセンシャルオイルを扱う
店を見つけたときは、心が躍って
半日そこで色々な香りを嗅いだ。

戦利品が詰まったビニール袋の紐を腕に食い込ませながら 
パハルガンジー通りを歩いていると
後ろから人の歓声が上がっている。

振り返ると、大きな象が二匹 すごい速度で
ドシンドシンとこっちにむかって行進してくる。
顔には化粧を施され、4、5メートルはある高い背中には
座席が括り付けられ、御者が座って方向を指示している。
人間も人力車も脇に下がり この巨大な生き物に道を空ける

通り過ぎた象を、追いかけてお尻をさわらせてもらったら
波状にデコボコした肌には、太い毛がトゲみたいに生えてた。
さわりがてら ガネーシャのマントラを口ずさみ

日本にいる象が大好きな やさしい友だちの笑顔を思い出して
彼女に会いたくなった。